So-net無料ブログ作成

長崎県高文連図書専門部からのお知らせ

1.平成29年度図書専門部の主な行事
●ライブラリーフェスティバル県大会
  期日 11月17日金曜  会場  諌早文化会館
●リーダー研修会
  期日 平成30年2月3日  会場 たらみ図書館

2.平成29年度ライブラリーフェスティバル県央地区大会
 7月12日に県立大村高校・五教寮で開かれました。
 広報紙コンクール 最優秀賞 西陵高校
             優秀賞  諫早高校(図書部)  諌早商業高校
             優良賞  諌早農業高校  国見高校  島原高校
 ビブリオバトル県央地区大会
  チャンプ本  「暁の円卓」 イーザウ著
             紹介者 長崎日大高校 大西秀実さん
  準チャンプ本 「本を守ろうとする猫の話」 夏川 草介 著 
             紹介者 島原商業高校 荒木美咲さん
前の5件 | -

蔵書点検 [うちの図書館]

きのう(14日)と今日(15日)の2日間で、蔵書点検をしました。
14日から16日までは学校閉庁日なのですが、鍵をお借りして…。
学校閉庁日がない、ずっと以前から、蔵書点検は、生徒と職員が少ないお盆の時期にしていましたから。

うちの蔵書は、実質1万3千冊。
1日目は、朝の9時半から夕方の6時すぎまで7千冊。
2日目は、朝の8時半から夕方の4時すぎまで6千冊。
去年の夏は、エアコンを付けずに、暑い中を無理をして体調を崩したので、今回は、エアコンを付けて、室温28度の快適な状態で作業をしました。

ノートパソコンを移動しながら、バーコードリーダーのコードに5mの延長コードをつけて。
ノートパソコンだから、電源コードを外しても、バッテリーがあるので電源がOFFになることはありません。
それで、館内のあちこちにあるコンセントを使ってノートパソコンを移動させながら作業をしました。

とりあえず、一仕事が終わりました。
金曜日には、不明になっている本の捜索をしなければいけません。
うちの蔵書管理ソフトは、どうも読み取りエラーがあって、今回(も)不明になっている本の中には、貸出手続きがちゃんとできていないものが含まれているのではないかと思っています。
どれだけ出てきてくれるか…。


人気ブログランキング

にほんブログ村
コメント(0) 

ライブラリーフェスティバル県央地区大会 [長崎高文連図書専門部]

きょうは教員免許状更新講習を受講。
昼休みに、会場になった大学と同じ敷地にある高校の図書館に行ってみたのですが、8/1・2が出張で不在でした。残念…。

さて、図書専門部からのお知らせに書いているように、7月12日に、大村高校で県央地区大会がありました。
うちの学校の図書部員2人は、1年生でちょっとシャイなので、こういうイベントに参加すると言ってくれるかどうか心配していました。
でも、学校司書さんがうまく誘ってくださって、2人とも参加。
学校司書さんも、出張旅費が出ないのに引率に加わってくださいました。
私は役員なので、大会の裏方として動く場面が多くて、2人を見守ることができないことを心配していたのですが、すごく助かりました。
図書館広報紙も、学校司書さんの協力のおかげで、図書委員が何とか完成させていたので、それも出品しました。
移動は列車で…。

今回は13校から生徒62人、引率17人の計79人。
13回目で初めて島原高校から参加してくれました。
この調子で輪が広がると良いですなあ。
今回もカルタクイズでアイスブレーキング。
司会の生徒が上手で、良い雰囲気に盛り上がりました。
生徒交流会、心配していたうちの生徒も、5~6人のグループの中で、しっかりおすすめの本を紹介できたようでした。
ビブリオバトルも、バトラーのプレゼンだけでなく、聴衆の質問も良くなっていました。

終了時間が、予定よりも遅くなってしまいましたが、良い大会だったと思います。
生徒2人からも、学校司書さんからも行ってよかったと言ってもらえました。


人気ブログランキング

にほんブログ村

除籍作業 [うちの図書館]

学校司書さんから「本棚が一杯なので本を抜きませんか」と促されて、今年度1回目の除籍作業に着手。
私1人ですると躊躇してしまいそうな本も「これは…」と持ってきてもらえて、思い切って除籍本を選ぶことができました。
学校司書さんがいない今日も、15年以上前のライトノベルなどを選び、290冊ほどをリストアップしました。

リストは、バーコードを読めば自動的にリストができるように、エクセルのワークシートを作っているので、あとは、起案するだけの状態になりました。

明日からは免許状更新講習2日を含めたリフレッシュ休暇。
作業の続きは来週です。


人気ブログランキング

にほんブログ村

7月が終わります [うちの図書館]

新年度が始まって4か月、1年の3分の1が終わりました。
Facebookでは報告していたのですが、うちの学校司書さんが、今日で一旦任用を終えることになりました。
もともと9月までの半年間の非常勤職員という契約だったのですが、県の規定で、同じ人を続けて雇用する場合は、2か月間を空けなければならないということで、8、9月の2か月間を空けて、10月から3月まで再びお願いすることになりました。

以前、記事に書いたように、学校司書さんが良い人だということは、1か月もたたないうちに分かりましたので、5月に校長先生と話す機会があったときに、「9月以降も続けてきていただければと思うのですが…」と言っていました。
7月に入ってから、県の方に相談した上で、7月までに契約を変えて、10月から来ていただくという形に落ち着きました。
学校司書さんも「3年生が卒業するまで見届けることができるので、ホッとした」と前向きに考えていらっしゃいます。
さらには、8、9月も時々顔を出します、と。
ありがたいことです。

で、私の方は、8、9月をどう乗り切るか(以前の状態に戻るだけですが…)、10月から学校司書さんとどうやって行くか(どんなスキルを身につけてもらうか、とか)、来年度も学校司書さんにいてもらうためにはどうすれば良いのか(やっぱり2か月空けなければならないのか?とか)、などと考え始めています。


人気ブログランキング

にほんブログ村

残念ながら… [長崎高文連図書専門部]

夏休みに入って、少し心に余裕ができたので、久しぶりに書きます。

以前、北海道の図書局員yuiさんとのやりとりから、生徒同士の交流を図書専門部が仲立ちになってできないだろうかとここに書きました。
結論ですが、役員会で却下されてしまいました。

ブログでのやり取りを紹介して、以前一部の学校でやっていた「心の虹」を広げる手伝いとして、長崎と北海道の図書専門部で動けないか。
まず長崎から働きかけることはできないか、と。

役員会では、
①以前の「心の虹」は、個人のつながりから始まって、「学校としての交流」ではなかった。
 図書専門部が動くとなれば、学校と学校のつながりになるから、いろいろと手続きがいるのではないか。
②生徒同士の交流が密になるにつれて、LINE、SNSを使った個人どうしの交流が始まるだろう。
 その際、トラブルが発生したらどうするのか。
という2つの理由から「時期尚早」と。
やるとすれば、まずは、お互いの図書専門部の生徒実行委員のレベルから、と言うことでした。
「やるとすれば」なので、今のところはしない、ということで話は終わりました。

…なんだか残念です。
私は、交流できたらおもしろいと思うのですが、みなさん忙しいようで、そこまでやろうとはされません。
私1人で突っ走るような雰囲気でもなく…。


人気ブログランキング

にほんブログ村
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。