So-net無料ブログ作成
検索選択

アイビーにハダニ [うちの図書館2013]

315円で買ってきたアイビー。
順調に育っている、と思っていたら、気がつくと葉っぱに蜘蛛の巣のようなものが…。
さわってみると、ざらざらした感じ。

あわてて本で調べるが、載っていない。
ネットで調べてみると…どうもハダニらしい。
対処法を見ると、霧吹きで水をかけて流す…。

思い切って、司書室の流し台に持って行って、葉を水洗いしました。
葉の色が変わっているものははさみで切りました。
枯れた葉は、切るまでもなく、自然に取れましたが。

その後、ざらつきもなく、蜘蛛の巣状のものもついていませんが、油断しないようにします。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
にほんブログ村

釣り糸で本の修理 [うちの図書館2013]

子どもが通う小学校の運動会が日曜日にあって、それ以来疲れています。
PTAの係で、1日中写真を撮っていたもので…。

ブログの更新も滞ってしまいました。
月・火の放課後は、卒業アルバムの係で、運動部の集合写真に。
私が撮るわけではありませんが、写真屋さんを案内してまわるという仕事。
なかなか図書館に行けませんでした。

少しだけやったことを。
本の補修で、はじめて本に穴を開けて糸で綴じる作業をしました。
CIMG0576-2.jpg
購入後10年以上経っている、無線綴じの本。
ページがはずれれているだけでなく、背の部分も背表紙と本体がはずれていて、木工ボンドだけでは心配だったので、思い切って糸で綴じることに。
穴は、電動ドライバー(2000円ほど)に付属した2ミリのドリルで開けました。
それに、100円ショップで買っていた釣り糸を通しました。
釣り糸は、たまたまあったものを使いましたが、細くて強いし、半透明なので目立たないということで。
穴に余裕があったので、木工ボンドを流し込みました。

CIMG0579-2.jpgCIMG0578-2.jpg
綴じ方が少しゆるくなりましたが、はじめてにしてはまずまずのできで、許容範囲ということに…。

CIMG0580-2.jpg
本体と背表紙を木工ボンドでつけて完成。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
にほんブログ村

文字だけの表示ではおもしろくないので [しおかぜ総文祭]

こんなのを作ってみました。
A3判印刷にすれば使えるかなあ、と…。
表示用美龍.jpg


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
にほんブログ村

お待ちしています! [しおかぜ総文祭]

長崎しおかぜ総文祭図書部門の参加申込が5月7日に締め切られました。
結局、県外からの参加校は6道県10校、生徒25人です。

参加校は次の通りです。
北海道 札幌南高校・札幌藻岩高校・札幌月寒高校
青 森 八戸東高校
栃 木 足利高校
神奈川 鶴見総合高校・横須賀大津高校・横須賀明光高校
富 山 富山北部高校
鳥 取 青谷高校

今日も生徒実行委員会で、生徒たちは企画を練っていました。
長崎県内からも参加希望が多くて困っています。
狭い会場なので…。

参加できない皆さんも、広報紙、図書館写真など、まだ応募できます。
詳しくはこちらを。
http://www.nagasaki-shiokaze.jp/wordpress/wp-content/uploads/2013/03/ead995ba538cb861b45650faf4068709.pdf

長崎の図書委員・図書部員は、皆さんを歓迎します!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
にほんブログ村

内緒で… [図書ボランティア]

PTA総会が土曜日にある関係で、きょうは代休。
小学校図書ボランティアに行ってきました。
カミさんに内緒で…。
図書ボランティアに行くといったら、「本務が大事!」と言いかねないので…。

銀行買い物と図書館に」と言って、銀行の振り込みは実際にすませて、残りの時間は小学校へ。
やったことは、昨年から運用が始まった「Win書庫」についての質問に、操作しながら一緒に考えました。
延滞リストの印刷、本の予約のしかたについては、簡単にわかったのですが、表示したJrインフォメーションのウィンドウをどうやったら消せるか…に手間取りました。
あと、検索した本を予約するまでが面倒なので、どうにかならないかと…。
普段使っているわけではないので、試行錯誤しながら…。

残りの作業は、本2冊の修理ぐらいしかできませんでした…。
昼食時間になるころには、うちに帰りました。
カミさんにおかしいと思われない程度にしておかないと…。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
にほんブログ村

咲きました [うちの館内装飾など]

長崎しおかぜ総文祭100日前イベントでいただいたサルビアの花が咲きました。

CIMG0559-2.jpgCIMG0560-2.jpg
大型連休の前半3連休の時に、窓ぎわに置いていて、しおれさせてしまい、心配しました。
ブラインドカーテンをしていても、窓ぎわは温度が上がって土が乾燥するようでした。
それで、後半4連休の時には移動して、今度は持ちこたえ、赤いかわいい花が咲いてくれました。

同時にいただいてきたマリーゴールドの方は、花はまだまだです。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
にほんブログ村

本と人とをつなぐ

図書館スタッフの仕事は、本と人とをつなぐこと。
それはよくわかっているのですが、本の紹介はほとんどしたことがありません。

理由は、私自身の読書量が紹介できるほど豊富ではないこと。
生徒一人ひとりに合った本を紹介するとなると、あらゆるジャンルの本を知っていなければいけません。
その生徒がどんな性格なのか、どんな本を普段読んでいるのかを知っていないといけません。
その上で、今まで読んでいた本とちょっとだけ違う本を紹介する。
全くかけ離れた本だと、喜んでもらえるかどうか難しいですし。

本と人とをつなぐ方法は、その人にあいそうな本を紹介することもあるでしょうが、もう1つ、本の魅力を引き立てることも大切だと思います。
私はもっぱらこちらに力を入れています(うまくできているかどうかはともかく…)。
本にはそれぞれ魅力があるはずですし、私が紹介しなくても、図書館に来てもらって、自分に合いそうな本に出会ってもらえれば…というスタンスで仕事をしています。
…これくらいのことしか私にはできない、というだけですが…。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
にほんブログ村

ポスターをつくってみました [うちの図書館2013]

廊下に貼るポスターが欲しい、子どもの読書週間のポスターは、うちの高校には…と思って作ってみました。
写真画像はWordのクリップアートのものを使いました。
READ-1.jpgREAD-4.jpg
READ-2.jpgREAD-3.jpg


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
にほんブログ村

展示作品の募集 [しおかぜ総文祭]

あらためて、展示作品の募集を呼びかけなければ、と考えています。
昨年のプレ大会では、各都道府県のSLAを通じて、展示作品を募集しましたが、今年はまだしていません。

大会参加申込の文書に作品募集についても書いているので…と思っていましたが、参加者が集まらないのと同じで、PRをしないと集まらないでしょう。
「しおかぜ総文祭」の存在さえ、浸透していない現状ですから、HPを見て作品を応募してくださることは期待できません。
昨年よりも少なくなってしまう可能性もありそうです。
6月が締切なので、5月中にまた各県SLAを通じて文書を送ろうと思います。

ただ、問題は、各県の事務局校がどこかということ。
全国SLAの事務局に尋ねると、6月になったらわかる、という回答。
それでは遅い…。
昨年のSLAに電話しますか、46回。

それに、県内の中学校にも案内を出さなければ。
頑張ろう、私。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
にほんブログ村

カウントダウンボード [うちの図書館2013]

よその学校では「長崎しおかぜ総文祭」に向けてのカウントダウンボードが作成されているのに、うちの学校はまだ。
もう残り3か月を切ってしまったのに…。
うちの学校の生徒会の関心が低いことを示していますなあ。

ということで、勝手に作ろうと思います。
カウントダウンボード.jpg
図書館入口横の掲示板に貼ります。
A3判カラー印刷で作成します。
数字は明日作ります。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
にほんブログ村

大型連休もあと1日 [うちの図書館2013]

さて、あした1日で何ができるか。
というか、きょうまでちょっとのんびりしすぎたような…。

部屋の資料整理と掃除。
選書の資料を大量に持ち帰っていたので、選書リストの作成が資料整理になるのですが、気持ちが疲れたら部屋の掃除を。
埋もれた資料から、以前持ち帰った選書のための資料が出てきて…。
そうこうしながら、30冊をリストアップ。

昨年度の反省として、選書から排架までのスピードアップを図りたい。
ということで、どこを直せばいいか考えたのですが、購入伺いの起案をまとめてしないで、月1回のペースで小出しにしたらどうか、と。
昨年度は、年度末に200冊まとめて購入し、注文した本が全部揃うまで登録番号を決定せず、排架まで3か月もかかりました。
毎回、購入した本を分類記号順に並べて、登録番号を振っていくため(私はそうする必要はないと思うのですが…)なのですが。

1年間で700冊を購入するので、1か月に70冊程度を起案。
そのうちの30冊を私が選ぶことにして、月1のペースを作っていこうと提案する予定です。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
にほんブログ村

全国大会だから [しおかぜ総文祭]

きょうの長崎新聞は、嬉しかった!
しおかぜ総文祭100日前イベントの特集で、45枚の写真がある中、3枚あったこと。
ステージでのパフォーマンスは、あれだけ目立ったのだから、掲載されるのは頷けますが、パレードでビラ配りをしている生徒が載っているのを見つけた時には、「よく気がついてくださった!」と思いました。
何のビラなのかということまでは御存知ないでしょうが、こういう地道な行動をとらえてくださった記者さんに感謝します。

さて、一方で悶々としているのが、生徒のブログにあった書き込み。

「ビブリオバトルの時間を40分ぐらいにしてほしい(高校生には一人5分は長いと思うので、一人3分×10人+余分10分で検討したい)
→ルールはN高が形を作って次の話し合いで高校生にあったルールをつくりましょう。」

だそうで。
そちらのブログにも、「情報を集めましょう」とコメントしましたが、私は正直怒っています。
公式ルールがあり、もうすでに定着している「ビブリオバトル」。
高校生の大会も公式ルールで行われています。
(こちらで詳しく紹介されています↓)
https://yorimo.yomiuri.co.jp/servlet/Satellite?c=Yrm0401_C&cid=1221824231255&pagename=YrmWrapper&cidy=0502531130302&from=yolsp
なぜ高校生には1人5分は長いと考えたのでしょうか。
無理なことではないと私は思いますが。

仮にも「全国大会」なのですから、自己流のルールをわざわざ作ることは辞めてもらいたいと思います。
いくら生徒が主人公の大会であっても、再考を求めます。

今回の大会は、今後、どこかの県でも図書部門大会をやって欲しい。
そのための「長崎方式」として提案できるものにしたいと、私は考えています。
全国に通用する方法で、しかも「これなら、うちの県でもできる」と思ってもらえる方法を。
だから私は「ビブリオバトル」は公式ルールにこだわります。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
にほんブログ村