So-net無料ブログ作成
うちの図書館2009 ブログトップ
前の15件 | -

入館者数の調べ方 [うちの図書館2009]

某公立中学校の図書主任兼司書教諭 の質問に答えて。

前々任校では,私が主任になる以前から,調査していた方法をそのままでした。
毎日図書委員の当番は3名いたので,そのうちの1人が「カウンター(日本野鳥の会の方達がカウントするのに使うようなもの)」をカチカチと押します。
調べるのは昼休みと放課後だけ。
その学校は,県内の高校でも入館者がトップクラスで,毎日,昼休みだけでも60~90人程でしたが,「カウンター専門」が1人いたので,特に問題はありませんでした。

前任校では,学校司書の先生が「そろそろ人数を調べて」と言って,その時点で図書館にいる生徒の数を,「カウンター」でカチカチと数えていました。
でも「それは正確な数字ではないのでは?」と私が,前々任校の方法に変えてもらいました。
ここでも,昼休みと放課後に人数を調査。
当番は2~3人なので,1人は人数を数える専門になってもらいました。

そして,現在の学校でも,同様の方法で,昼休みと放課後に調査しています。
うちは入館者が少ないので,当番が1名でも,貸出・返却と人数調査を1人でできます。
うちで使用している「CASA」には,マウスをクリックして人数を数えるソフトがついていますが,CASA本体と連動しているわけではなく,貸出・返却と同じ画面上でやるのが面倒なので,やっぱり「カウンター」でカチカチやっています。

どの学校でも,当番の図書委員が来るまでの人数は,職員が調べたり,図書委員が来た時点で入館している生徒の人数を数えたりしています。
ちなみに,「カウンター」は100円ショップで買える「999」まで数えられるものを使っています。

CASAへのデータ入力 [うちの図書館2009]

1日開館していましたが,生徒は誰も来ませんでした。
窓ガラスをふいて,ちょっとした壁飾りを…と作業をしているうちに1日が終わってしまいました…。
どんなものをつくったのかは,また後日。

学校司書の先生は,店頭選書の分のデータ入力で忙しそうでした。
1冊ずつ挟みこまれたカードには,価格,大きさ,ページ数などが書かれていて,それをCASAに入力します。
「そのカードのデータは,どうしていますか」と尋ねると,「ネットで調べています」。
それで「パソコンの画面に検索のウィンドウとCASAのウィンドウを並べたら,カードに書き込まなくてもいいのでは?」と言ってしまいました。
後で,「慣れた方法がいいかもしれませんね」と言いましたが,一手間多いような気がします。

ちなみに,うちの学校ではCDからのデータ取り込みはしていません。
よそではどのような方法をとられていますか?

店頭選書ができる書店を [うちの図書館2009]

事務室の先生が司書室に来られました。
今回店頭選書した書店は,親会社が「掛け売り」をしないように指導している,との話。

思わず「えーっ?」と私。
というのは,私の前任校でも,その店で店頭選書をやっていたし,他の学校でも,そのチェーン店の他の店舗でやっているという話も聞いたことがあったからです。

「ということは,もうそこではしない方がいいと言うことですね」と私が言うと,「そうですね」と事務の先生。

これからもやろうと思っていたのに,残念。
新しいところを探さなければ。

2学期の反省 [うちの図書館2009]

きのうの放課後,職員会議がありました。
議題に「2学期の反省」があるとは知らず,のんびり構えていたら,月曜日の職員朝会で「2学期の反省についての資料がある分掌は…」と言われて,あわててつくりました。
反省09-2.jpg

図書館の引越を先生方と生徒の協力で無事に終えたこと,新着図書の受入まで手が回らず,図書館が狭くなっこともあって,貸出冊数,入館者数ともに減少したこと,使える図書館にしたいので,先生方から必要な図書のリクエストを,といったことを話しました。
3学期は何とか挽回したいと思います。

きょうは競技大会 [うちの図書館2009]

きょうは競技大会。「球技」大会でなく「競技」大会なのは,種目に「将棋」があるため。
スポーツが苦手な生徒にも配慮しています。

寒いけれどもいい天気でした。
世界ジオパークに認定された,日本でいちばん新しい山が,司書室の窓から見えます。
雪をうっすらかぶってきれいです。
PC220001-2.jpg

さて,私はというと,昼食の時間とトイレ以外はずっと図書館で過ごしました。
というのも,体調が思わしくない生徒は,図書館で本を読んでもよい,ということになってしまい,私が担当として着かなければいけなくなったからです。
先週は学年閉鎖がありましたから,大事を取ったわけですが,普通は保健室に行くか,帰宅するか,どちらかにするでしょう。
実際,昼休み以外には,生徒は来ませんでした。
昼休みでさえも,来た生徒は6名ほど。さびしい図書館でした。
競技のない生徒が暖まりに来るかとも思っていたのですが,1人だけ。こちらも肩すかし…。
その分,仕事ができてよかったですが,私だって生徒のプレーを見たいのが本音です。

PR不足かなぁ… [うちの図書館2009]

きょうは学校司書の先生が休みで,少しあわただしい一日でした。
授業でも,自習と課題研究で2時間来館。
引越後はじめてきた生徒は,「狭い」と言っていました。
あと1年の辛抱。

それにしても貸出が伸びません。
ストーブをつけているのに入館者も20人程度。
広報紙にちゃんと書いているんですがねえ。
読んでもらえていないのでしょうね。
本の実物を見て「○○がある!」と言っているところからすれば,読んでいないのは確か。

教室掲示も,カラーの掲示物が他にもいろいろあれば目立ちませんし,モノクロ印刷のものを個人用に配布してもなかなか…。
もっと字数を減らして,読みやすくするとか,掲示場所を廊下など目立つところにするとか,工夫が必要なのかもしれません。
生徒に期待される図書館だったら,もっと読んでもらえるのかも。
これが根本的な理由でしょうか。
何とかしなければ。

傷んだブックコートフィルム [うちの図書館2009]

返却されたばかりの「ハリーポッター」。
2001年に購入されたものですが,よく借りられたこともあって,ブックコートフィルムを貼っていたにもかかわらず,傷んでいました。
フィルム自体も,割れてしまった所があり,きたなくなっていました。

手垢をふいて,割れた部分に少しはさみを入れて,少しはましになりましたが,補強をする意味でも,さらに上から新しいものを貼るしかないかなあと考えています。
古いものをはがそうにも,簡単にはできないでしょうから,古いものの上に新しいものを貼らざるを得ません。

何かいい方法はないのかなあ…。
皆さんはどうされていますか?
だいたい,ブックコートフィルムは10年足らずでこんなになってしまうものでしょうか?

きょうは授業がなかったけれども… [うちの図書館2009]

もともと1年生の授業が4コマ入っている水曜日ですが,学年閉鎖のため,授業はなし。
しかし,いろいろとやることがありました。

朝会で,事務から「引越にともなう備品調査を」との連絡があり,まずはこれから。
備品配置図は,引越の際につくっている途中だったので,これを機会に完成させました。
一旦つくれば,あとの備品チェックが楽ですから。
物品確認一覧表を作成して提出しようとしたら,「図書室は仮の場所なので,変更なしでいいです。」との返事。
ちょっと拍子抜け。

その後は,図書の受け入れ作業の手伝い。
蔵書番号と日付印を押し,ブックフィルムをかけました。
正月明けには大量に配架できそうです。

自習時間の生徒が本を探しに来て「将棋の本はありますか」。
書庫から探して2冊ほど詰め将棋の本を紹介しましたが,「詰め将棋でなく最初からの手順について」ということで借りてもらえませんでした。残念。

店頭選書の本が,ようやく決裁をいただけました。
学校司書の先生に,書店にさっそく連絡してもらったのですが,「請求書・納品書ができるのに2日ほどかかる」とのこと。
来週月曜に,学校司書の先生に書店に引き取りに行ってもらう(この書店は配達はしないそうです)ことにしました。
私は免許を持たないので…すみません。

たっぷり時間があったのに,あっという間の1日でした。

新着図書を出したけれど… [うちの図書館2009]

新着図書案内,今回は,教室掲示用のカラー版の他に,個人用をB4版でモノクロ印刷しました。
担任の先生の手を煩わせることになりましたが,効果があればと思って。
でも,きょうは6冊…。
明日に期待します。
きょうから3日間,1年生はインフルエンザのため学年閉鎖で,いないこともあるかもしれませんが…。

県央地区の研修会,講師依頼と会場借用の文書について,ゆうべ県SLAの事務局に送っていましたが,昼休みに電話があって,OKが出ました。
さっそく,放課後,市の図書館に持って行きました。
一歩前進。

校長室で… [うちの図書館2009]

放課後,校長から呼び出されて,校長室に行きました。
購入伺いか,新着図書情報かどちらかだろう,と思って行ったところ,後者の話でした。

「作成の際に,生徒にも参加させるように」ということでした。
うちの校長は,生徒を活動させることで鍛えようという考え方を前面に出されています。
それはたいへんいいことだと思います。

ただ,「新着図書情報」は,発行に時間がかかってはいけません。
現状では,生徒に一部参加してもらうと,時間がかかってしまいます。
それで,返事は「はい」と言いましたが,すぐにはできないと内心思いました。

広報紙作成を生徒がする場合,まず,生徒自身が本を紹介したいと思わなければ,生徒は職員が指示したことをただやるだけになってしまいます。
私はそれでいいとは思いません。
できれば,図書委員の考え方から育てていって,自分たちで広報紙を作れるようになってほしいと思います。

それは,理想として頭の中に置いておき,当面は,新着図書案内ではなく,もう一つの「ライブラリーニュース」のほうを,職員の指示を受けながら作っていって,意識を高めていくことが必要かなとも考えています。

時間をかけて,じっくりやります。
校長からは「遅い」と言われるかも知れませんが…。

2枚重ねのバーコードシール [うちの図書館2009]

最近,本の装備を手伝っています。
受け入れ印,地の小口印,学校名印の3つを押すだけですが…。

で,気になっているのが,バーコードラベルを貼るときに,印刷されていないシールをまず貼って,その上にバーコードシールを貼っていること。
「2重にしているんですね」と言うと,学校司書の先生は「時間がたつと,下地(本のカバー)の色が透けてきて,バーコードが読みにくくなる」とのこと。
そういえば,前々任校でも,色の濃いカバーの本では,バーコードが読みにくくなっていました。

2重に貼るのはムダな気がして,もう少し厚いラベルはないものかと,ネットで探しましたが,なかなか見つかりません。
ひょっとして,ブックコートフィルムのほうに問題があるのかも,と思ったりしますが,どうなんでしょうねえ。
他の学校ではどうなのか,知りたいところです。

背ラベルの印刷は? [うちの図書館2009]

今,期末考査中。
明日のテスト問題を印刷し終えて,司書室(仮)へ。

学校司書の先生がパソコンに向かって仕事中でした。
何をしているのか画面をのぞいてみると,どうやら背ラベルの分類番号を入力している様子。
「ラベルの印刷ですか」と尋ねると「はい」。

そういえば,CASAのマニュアルには背ラベルの印刷については書かれていなかったような…。
うちの背ラベルは1段のものですが,エクセルを使って印刷しているようです。

以前勤めていた学校では「探検隊」を使っていて,背ラベルの印刷も入力済みのデータを使って簡単にできたのに,CASAではいい方法はないのでしょうか。
エクセルデータとしてエキスポートすればできるかも,と思ったりしますが,やってみましょうかね。

いざ,店頭選書へ! [うちの図書館2009]

考査,掃除が終わって,12:20。
生徒はSHRですが,私は一足先に徒歩で出発。
途中で自転車の生徒が1人追いつき,一緒に書店に向かいました。

待ち合わせは12:50。
学校司書の先生と,若い国語の先生も到着。
でも生徒がそろわず,13:00まで待ってスタート。

PC040005-2.jpgPC040002-2.jpg
生徒は2年男子3名。
1年女子も1人遅れて到着。

約1時間かけて,40冊ほど選びました。
途中,たまたま来ていた図書委員でないうちの生徒も,1冊選んでくれました。
事前に基準を伝えていたので,なかなかの本が揃いました。

レジに持って行くと,店長さんはいませんでしたが,先日渡していた資料で,店員さんにも話が伝わっていて,スムーズに話ができました。
選んだ本のリストはFAXで送っていただけますかと尋ねると,快く応じていただけました。
1度形を作ると後がやりやすいと考えて,店の方に資料を渡したのは正解でした。

予算の消化 [うちの図書館2009]

今年は,図書館の引越作業があったため,本の受入が遅れています。
まだ予算の半分を超えたくらいです。

引越準備を始めた7月末から,引越があった9月まで,本の注文をストップしていました。
今,急いで選書と注文をしています。
最近は,受入作業も手伝っています。

ただ,選書はやっぱり難しい。
前任校で購入した本を参考にして,うちの学校にないものを選んだりしています。
新しい情報もネットで見ていますが,これはいいというものは,そう多くはありません。

2週間に1回のペースで,購入伺いを作成するつもりで,しっかり情報を集めなければ。
予算の消化ということで適当に選ぶことはしたくありませんから。

明るい! [うちの図書館2009]

新校舎3階の端にある仮の図書館。
廊下側から2mほどのところに旧校舎があり,引っ越したときから薄暗い廊下。
10月下旬から解体作業が始まり,防塵・防音の幕が張られ,ますます暗くなりました。

そして1か月余り,解体も最終段階になり,きょう,幕が取り除かれました。
明るくて,雰囲気ががらりと変わりました。
きょうは天気がよかったので,より明るい雰囲気になったのかも知れません。
職員室や1年生の教室からもよく見えます。
入館者が増えることを期待します。

放課後,図書委員に集まってもらい,店頭選書への参加者を募集しました。
試験中なので心配しましたが,4名参加してくれます。
まずまず。
図書委員の特権だと知ってもらえれば,来年は本当の本好きが図書委員を希望するのではと思っています。
前の15件 | - うちの図書館2009 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。