So-net無料ブログ作成
検索選択
うちの図書館2011 ブログトップ
前の15件 | -

2011仕事納め [うちの図書館2011]

通常の時間に出勤。
きょうは、公務員補習が9:00~10:00まで入っていました。
使っている教室には暖房が入らなかったので、「ストーブのある図書館でしましょう」と提案。
進路指導部に了解を得て、生徒と共に移動し、私の後の補習も図書館でしました。
新しい机とイスが入っていたからできたことです。

午前中は、本の返却口のふたを製作。
板は昨日の午前中に大きさを調整し、ニスを塗っていたので、それにカッティングシートの文字を貼る作業をしました。
また、高文連事務局から、ライブラリーフェスティバルの決算報告にミスと不明な点があると、昨日ファックスが届いていたので、手元の資料と確認し、電話で事務局の会計担当者の方と話をしました。
こちらのミスを優しく指摘していただき、いろいろと教えてくださったので、たいへん勉強になりました。

午後は、フローリングワイパーに使っている布を洗いました。
掃除の時間に生徒にしてもらうという手もあるのでしょうが、なかなか時間が足りないことと、生徒が洗ってきれいになるかという心配もあって、結局私が…。
計7枚を洗い、ストーブのそばに干しました。

さらに、除籍の本も追加で選びました。
40年ほど前に購入した詩の全集や百科事典、テキストに使っていたと思われる本の複本15冊ほど…。
外国の詩の本は、あまり置いていませんが、新しいものを購入した方が良さそうなので、思い切って選びました。

読書教育研修会の準備も進みました。
県の事務局に「まだ決裁は下りないのでしょうか」と問い合わせの電話をかけたところ、どこか別の先生の机に間違って置いてあったそうです。
さっそく、県央地区の高校・特別支援学校と訪問する小中学校にメールで文書を発送しました。
島原市内の小中学校に、案内文書を送ることも、訪問する小中学校、島原市教委、県の事務局に電話で相談しました。
中学校と市教委、県の事務局からは了解をいただきました。
ただ、参加者が増えると、駐車場を考えなければいけません。
今後の課題です。

おお、きょう1日でこれだけ進みましたか。
いい1日でした。

冬休み中の出勤は、1月4・5日に家族旅行をするので、1月6日だけなのが残念。
家でできることをしっかりやっておきます。
1月に提出する読書量調査のデータ入力。
リーダー研修会の資料作成。
除籍リストのまとめ。
購入図書の選書。
課題テストの問題作成。
市内小中学校への研修会案内文書の作成。
全国の都道府県SLAへのアンケートの作成。
専門部役員会資料の作成。
おっと、家のこともちゃんとしなければ。
今度の正月には、具だくさんの具雑煮を私が作る予定。
充実した休みになりそうです。

人気ブログランキングへ

2011年を振り返って その1 [うちの図書館2011]

そろそろ1年の締めくくりを。
まずは、図書館建設から。

昨年の12月末に作業がスタートして、8月に完成。
9月に引っ越し、そして開館。
でも、家具がまだ揃わないので、完成と言っていいものかどうか…。

あと丸テーブル1台と閲覧机3台。
それに見合うイスと丸いスツール
事務机、プリンタ(結局モノクロになるようです、残念…)。
これだけ揃って、本当の意味での完成。
事務長の話では、2月になりそうです。
年度内に決着するだけでも、ありがたいと思います。

貸し出しや来館者数の数字に結びつくかどうかは、これからの努力しだい。
入館者は、徐々に増えています。
利用者率も向上しています。
50%まであと少し。
家具が揃ったら、図書館で朝読とHRをやってはどうかと考えています。

細かいところをもう一工夫します。
たとえば、返却ポストに扉をつけるとか。
除籍をして、古い本を書庫に入れて、もっと書架に余裕を持たせたいし。
今年度中にできることはどんどんやります。

人気ブログランキングへ

冬休みの予定 [うちの図書館2011]

祝日と土日の関係で、今度の冬休みは長くなりましたが、学校で仕事ができる日が少なくなってしまいました。
26日は、小学校図書ボランティアに。
1月に計画している研修会の話もしなければいけないので。
27日は午前中に学校、午後は図書部門部会。
会議の準備も遅れてしまっています…。
開けて1月4・5日は家族旅行
行きたくないわけではありませんが、2日もつぶれてしまうのが、もったいないような…。
丸1日勤務するのが、28日と1月6日ですが、28日は公務員補習があり、6日は職員会議があり…。
もう少し時間がほしいところです。

予定している仕事は、除籍作業と1月の飾り。
やはり正月は正月らしくしたいものです。
きょう、100円ショップで辰の置物を買ってきました。
門松は去年のものを。
本も、クリスマスのものと入れ替えないと。

除籍本は、古い百科事典や劣化した文学全集を除籍しようと考えています。
ただ、最近は全集ものを購入していないので、類似の本がない場合は除籍に躊躇してしまいます。
どこまでできるか、ですなあ。

人気ブログランキングへ

1年生が初めての広報紙 [うちの図書館2011]

2学期も終わりに近づき、ぎりぎりのところで広報紙が完成しました。
今回は、初めて1年生だけで作成。

内容は、長崎県の子供にすすめる500選の、高校生の部の中から4冊選び、載せたもの。
紙面の情報量はまだまだですが、アイデアとしては十分ですし、全体のレイアウトフォントや色使いが初めてにしてはよくできていました。
センスがあるなと思いました。
今後が期待できます。
明日起案して、明後日配布できれば、と思います。

人気ブログランキングへ

懲りずに試してみます [うちの図書館2011]

先日届いたイスの脚に、フェルトを貼ってみました。
イスを引くときに音が立たないように、床に傷がつかないように。
以前、パイプイスの脚に、フェルトを貼って失敗しましたが、懲りずに試してみます。
フェルトは、100円ショップで粘着剤付きのものを2枚購入。
脚の大きさに合わせて切ります。
DSCF3790-2.jpgDSCF3791-2.jpg
そして、角をちょっとだけ切って、脚に貼りました。
DSCF3794-2.jpgDSCF3792-2.jpg
パイプイスの時には、あっという間に剥がれたりずれたりしてしまいましたが、今回はどうなるか。
うまくいけば良いですが、粘着剤の強度や、フェルトの耐久性がどれくらいあるのかわかりません。
試してみるしかありません。

人気ブログランキングへ

やっと寄贈図書を出します [うちの図書館2011]

寄贈図書の装備、後回しにしていたブルーバックスがようやく金曜日に終わりました。
新着図書のコーナーに出しました。
006-2.jpg
たまたま、図書部員が「スラムダンク論語」を読んでいました。

スラムダンク論語

スラムダンク論語



「スラムダンク」全巻を出したのに気づくと、さっそく読み始めました。
特にPRをしなくても、口コミで情報は広がるでしょう。
「Dr.コトー」もブルーバックスのスポーツ釣りの本も借りてもらえますように。

人気ブログランキングへ

除籍と新着図書 [うちの図書館2011]

除籍本の決裁が下りて、除籍作業をしました。
今回は、買い換える百科事典と3年以上行方不明の本。
うちの学校では、蔵書点検で不明の本は、3年たっても出てこない場合は除籍をします。
次の年に「発見」されることも時々あるので…。

リストを見ながら、図書原簿に抹消線と日付印、「除籍」の印を押印。
百科事典への押印はまた後日。
これで、新しい百科事典の注文ができます。

一方で、新着図書情報を起案。
そして、寄贈図書の写真を撮りました。
PC050003-2.jpg
この写真は、購入資金を寄贈いただいた方に見ていただくことになっています。
新着図書情報には載せませんでしたが、口コミで広まるでしょう。

人気ブログランキングへ

一長一短 [うちの図書館2011]

新着図書情報を期末試験開けに発行できるように、きのうときょうの2日間で作成しました。
試験の採点もしなければいけないのですが…。
とりあえず完成しましたが、一太郎で作成したらデータの容量が大きすぎ。
見た目がExcelに劣らないようにできはするのですが、データは約5倍に。
この差は大きい!

一太郎は、行間隔が調整できるし、文字の横方向の大きさがパーセントで調整できます。
一方Excelは、それができません。
でも、データは小さくてすむし、画像の回転ができます。
一太郎は、画像の回転が90度ごとしかできません。

で、どちらが使いやすいかというと…微妙なところ。
Excelのバージョンアップで、行間隔の調整ができなくなる前は、迷うことなくExcelだったのですが。
それぞれをもっと使いこなせるようになれば、いいのでしょうが…。

人気ブログランキングへ

そろそろストーブの準備を [うちの図書館2011]

もうすぐ12月。
暖房は、エアコンもありますが、以前から使っていた石油ストーブ2台を使用する予定です。
事務室からも、そちらの方が費用が安くて助かります、と言われています。

まだ、寒さが厳しいわけではありませんが、カウンターにいる学校司書さんは寒そうにしています。
司書室ではヒーターをつけているようです。

問題は、2台のストーブをどこに置くか。
ファンが回る仕組みなので、電源が近くにないといけません。
カウンターそばにも1台おいた方がよさそうとも思うのですが、通り道を遮ってはいけないし、書架の近くになってもいけないし、生徒が集まってくるだろうし…と思案中。
新着図書の展示テーブルを少し動かして、カウンター近くに置きましょうか。
もう1台は、反対側の壁面コンセントのあたりにして。

人気ブログランキングへ

百科事典の購入 [うちの図書館2011]

金曜日に出版社から、百科事典の購入について電話がありました。
1学期のうちから話があったのですが、引っ越し前だったので、引っ越した後に考えることにしていました。
2学期に入ってからも電話があったのですが、いろいろ忙しくて…。
そして、金曜日の電話。
いい機会だと思って、早速事務室に行って話をしました。

出版社からの提案は、
①金額が大きいので、品物は今年届けて、支払いは3年間での分割払い
②古い百科事典きは引き取る
ということでした。
それを話すと、支出は現物と一致しなければいけない、セット購入だと備品扱いになる、ということでした。

ちょうど今年は、引っ越し作業のために選書が遅れていて、予算に余裕があったので、思い切って今年度全額支払うことにして、購入伺いを起案しました。
1冊ずつは1万円未満なので、セット価格での購入ではなく、1冊ごとの購入しいう形にして…これで本当に大丈夫なのかどうか…決裁が下りれば大丈夫だということでしょう。

一方で、除籍もそろそろ始めないと。
古ーい百科事典が何セットもありますから、減らそうかと考えています。
新しいのが1セット来ますから。

人気ブログランキングへ

赤木かん子さんの本を読んで [うちの図書館2011]

赤木かん子さんの「赤木かん子の図書館員ハンドブック」を読みました。
はじめて図書館で働く人のために」という副題がついていますが、私はまだまだ未熟者ですから…。

気になったのが、28・29ページの「使いにくい書架の例」。
5つの要素のうち、「固定棚」「斜めの書架」「棚板の横幅が狭い」「浅すぎる奥行きの書架」の4つは、“平湯モデル”に当てはまるのではないかと思いました。
かん子さんの考えも納得できるし、平湯先生の意見もわかるし。
図書館はこれから絶えず変化していくでしょうから、本の配置が換えられるように棚は可動棚がいいかもしれません。
平湯モデルをもとにして棚は可動棚というパターンも見たことがあります。
奥行きが浅めなので、出過ぎてる本も時々あります。

でも、限られたスペースに本を並べるには、数冊しかない大きい本のために、棚の高さを高くするのはスペースの無駄だし、隙間が気になるのも事実。
固定棚でも、限られた条件内で工夫して配置していけば何とかなる、ということもあります。
棚板は少し斜めでも、後ろに引っ込むことはありませんし。
棚の幅も40~45cmほどでも工夫すれば使いこなせそうです。

まあ、できあがってしまった物は、とにかくうまく使っていくしかありません。
でも、かん子さんから「だめ出し」されると、間違ったかなあと思ってしまいます。

人気ブログランキングへ

除籍された本が… [うちの図書館2011]

うちの学校では校舎の改築が行われきましたが、最後の仕上げとして、旧体育館などの校舎が解体されます。
社会科準備室があった旧特別教室棟も解体工事が始まることになり、物品を整理しなければならなくなりました。
当初は来週の火曜日までということでしたが、きょう学校に着くと、今週中にということであわてて作業をしました。
きょうは空き時間が多かったのですが、それでも終わらず、明日の空き時間もやる予定です。

何が置いてあったかというと、教科書類(見本)のほかに、除籍済みの本が大量にありました。
除籍した本がもったいなかったのてしょうか、社会科関連の本が。

私が赴任した3年ほど前に、前主任から「準備室がある」と案内してもらいましたが、職員室や教室から遠く、ただの物置になっていました。
その後、新校舎が完成してますます行く必要がなくなりました。
で、いよいよ解体という時期になって行ってみると、古い本がいっぱい。
しかも、管理が悪いので、ほこりにまみれ、少し湿気も含んで、もう使いたくないような本ばかり。
中には、「日本国勢図会」や「現代用語の基礎知識」など、データベースとして保管してもよい物がありましたが、除籍はされているし、もはや手遅れの状態になっていたので、処分してもらうことにしました。

除籍した本を引き取るのなら、ちゃんと保管した方が良いし、そもそも古すぎる本は保管しても使わないだろうと思います。
メンバーがかわるたびに検討するべきでしょうね。
今までの社会科の先生方はどう考えていらっしゃったのか…。

人気ブログランキングへ

バージョンアップ [うちの図書館2011]

新着図書情報の11月号を作成しました。
いつもはエクセルを使っていましたが、今回は一太郎

最近自宅のノートパソコンを買い換えました。
以前の物は5年前に購入したウィンドウズXP。
動作が遅かったり、ファンから大きな音がしたり、マイクロソフトオフィスのバージョンも2003だったり、プロジェクターとの相性が悪かったり…。
買い換えようかと思っていたところに、6万円ほどで十分な機能の物が手に入りそうだったので思い切って買いました。

で、Officeのバージョンは2010に。
エクセルで新着図書情報を作成しようとしたのですが、困ったことが。
角の丸い長方形の中に、本の説明文を入れていたのですが、本によって文字数(=行数)が違うので、縦の均等割り付けを指定していました。
ところが、2010ではそれができないのです。
バージョンアップして機能が減ってしまうというのにはびっくりしました。
機能が増えるのが普通ではないかと思うのですが、縦方向の位置指定は、上に寄せるか、下に寄せるか、中央にするかの3つしかありません。
行数が少ないと、空白ができるし、文章量に応じて枠の大きさを変えると、すっきりしないし…。
それで、今回は一太郎にしました。
ただ、こちらも、もう一つしっくりしません。
細かいところはこれから改善しなければいけませんが、とりあえず明日発行します。

人気ブログランキングへ

文化祭も終わって [うちの図書館2011]

今年のメインイベントが立て続けに終わって、少し脱力感がありますが、次にやらなければいけないことは何かな?と考えているところです。

きょうの文化祭は、校内文化祭。
外部からのお客さんはいませんが、来年への布石と考えて取り組んでみました。
最初は体育館で1時間ほどのステージ部門。
創作ビデオの上映や漫才に混じって、図書部の朗読。
私たちの前が漫才で、そこそこウケていたので果たしてどうなるかと心配したのですが、ちゃんと聴いてもらえました。

最初は、新部長。
読んだのは、

僕は運動おんち (集英社文庫)

僕は運動おんち (集英社文庫)



冒頭の部分を読みましたが、直前まで読む本を何にするか迷っていたので、もう少し練習したらもっとよくなったかなと思いました。

次が、急遽出演が決まった前部長。
読んだのは、

あのころのぼくは

あのころのぼくは

  • 作者: もろいし かずや
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2005/07/23
  • メディア: 単行本


なかなかいい本を選択したなあと思いました。
放課後遅くまで教室で練習していたそうです。

そして私は、

解夏 (幻冬舎文庫)

解夏 (幻冬舎文庫)

  • 作者: さだ まさし
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2003/12
  • メディア: 文庫


から、表題作の「解夏」を選びました。
できれば長崎の言葉が入っているものをと考えて、吉田修一さんの作品も考えましたが、「朗読してみたい」という気持ちが強かったこの作品にしました。
冒頭から読むのではなく、読みたい場面を選び、読む前に、物語の簡単な紹介をしてその場面につなげました。
そして、読み終えてから、この後どうなるのか…ぜひ読んでみてください、と結びました。
放送部ではありませんから、うまくはありませんが、本を読んでほしいという気持ちで。

生徒に借りてもらえるかどうかは、これからのことですが、先生方からは「いい企画でした」「文化祭らしく文化の香りがした」「読んでみたくなった」と言っていただき、ほっとしました。
そして、1年生の部員にも「来年はやってもいい」と言う生徒が現れたのがうれしかったです。

適材がいた今年、実行できてよかったです。

人気ブログランキングへ

あしたは文化祭 [うちの図書館2011]

ライブラリーフェスティバルが終わって、間髪開けずにあしたが文化祭。
きょうは午前中3時間授業の後、文化祭の準備。

今年は、展示に加えて、ステージで朗読をすることにしました。
発端は、うちの新部長が「ライブラリーフェスティバルでは読み聞かせの分科会に行きたかった」と言ったこと。
今回の県大会では、生徒実行委員になった関係で、段ボールグッズ製作の分科会に行かなければならなくなりました。
それで、「文化祭で朗読をしてみませんか?」と訊いたところ、一晩考えて「やります」という返事。
私と2人でやる予定でいたら、前部長の担任の先生から「ぜひ彼(前部長)にも、度胸をつけるためにもさせてほしい」ということになり、3人でやることになりました。
今日の午後からステージリハーサル
照明と音量のチェックをかねて、少しだけ読みました。
そもそも、新部長はいい声をしていて、その点を私は買っているので、明日が楽しみではあります。
緊張もしていますが…。

展示の方も、夕方までに作業は終わりました。
PB100001-2.jpgPB100003-2.jpg
こちらは、私が担当した「普賢岳大火砕流から20年」のコーナー
図書館の蔵書を展示し、私がとっておいた当時の新聞の切り抜きを掲示しています。
PB100004-2.jpgPB100005-2.jpg
本の紹介に、簡単なPOPを立て、本校生徒のボランティア活動について書かれた本は開いて展示しています。

PB100002-2.jpg
こちらは、生徒に作成を任せていたもの。
A4の大きさの原稿を作成してもらい、拡大印刷しました。
テーマも生徒任せ。
PB100006-2.jpgPB100007-2.jpg
昨年、芥川賞・直木賞についてと、ライトノベルについてまとめてもらいましたが、今年は、本屋大賞、このミステリーがすごい大賞の本の紹介、料理本とおすすめの本の紹介で模造紙4枚分できました。
下の方には、図書館の蔵書を展示しました。
さすがに人気のある本は貸し出し中でしたが…。
今年は校内文化祭で平日開催なので、見学者はほぼ生徒だけでしょうが、借りてもらえたらやった甲斐があります。
どうなりますか…。

人気ブログランキングへ
前の15件 | - うちの図書館2011 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。